キャンペーンを使う

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今、多くの男女が利用している婚活パーティーですが、少しでも利用しやすいようにさまざまなキャンペーンが行われています。やはり数回で相手が決まるとは限りません。また実際婚活パーティーで知り合って付き合い出したら、やっぱり合わなかったという場合もあります。そのため何回でも参加できるようにお得な価格やキャンペーンがあるのです。価格自体も全体的に低価格が多く、1回の婚活パーティーでも大体3,000円~7,000円程度と考えましょう。

婚活というイメージが強いパーティーが良い人は、お茶程度でマッチングまで行われる婚活パーティーがおすすめですが、一般料金で3,000円~7,000円程度です。そこでこの価格をもっとお得にするためにキャンペーンを利用していきましょう。まず無料キャンペーンを行っている婚活パーティーを探してみましょう。新しい集客のキャンペーンなどが多いようですが、利用者にとってはチャンスです。是非無料キャンペーンを利用しましょう。

また婚活応援キャンペーンや、○○周年記念キャンペーンなどいろいろな項目で、割安キャンペーンが行われているものもたくさんあります。そして早割キャンペーンとして1カ月前までは1,000円マイナスなど、それぞれの業者によってさまざまなキャンペーンを実施しています。上手に利用すると2,000円以上お得になることも。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

いろいろなタイプ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分にあった婚活パーティーのタイプを選ぶことが成功の近道です。例えば価格的に安価のものを選ぶなら、お茶とサンドイッチやクッキーなど軽食での婚活パーティーが一番おすすめです。1人3,000円~7,000円程度で行われているものが多く、他にも早割などの特典を上手に利用すると3,000~5,000円以下でも利用できます。ただしこのタイプは積極性がないと、なかなか好きな人にアタックできないことも。

そこで3:3、4:4などの少人数での婚活パーティーも人気があります。しかしこの場合食事会のようなスタイルになるので、参加費は少し高めの大体5,000円~8,000円前後がほとんどです。大人数で行う婚活パーティーのようにマッチングなどはなく、知らない同士がまず知り合うことからスタートします。美味しい料理とお酒を飲んで楽しい時間を過ごし、そこからは個人的にメール交換などから交際をスタートさせるのは自由というかたちがほとんどです。

他には年収や職種限定の婚活パーティーもあります。特に男性に条件が課せられる場合が多く、その代わり参加者男女とも参加費はちょっと高額になります。しかしそれだけ料金を払っても、特定の職種の男性と知り合いたいという女性がたくさんいることも事実。このようなタイプの婚活パーティーの場合は入会金が平均10万円程度、年間費が1万円程度、参加費用1万円程度と費用も相当かかることも。

参考資料・・・婚活パーティーイベントサイト【フィオーレパーティ―】です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

選べる婚活パーティー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚適齢期がどんどん高くなり、今では30歳~35歳で結婚する男女が一番多くなっています。まして回りの若者の結婚を、知り合いが気にして世話をするという社会的な風潮は、今の日本にはなくなってしまいました。そこで結婚相手を自力で見つけることが基本となっています。しかし仕事で忙しい毎日を送っている男女はなかなか真剣に相手探しができない時代でもあるのです。

だからこそ、婚活業界はさまざまな趣向で、価格も抑え、多くの男女が利用できるように努力しているのではないでしょうか。10年ほど前の婚活パーティーなどの価格を見ても、ほとんど8,000円~1万円程度が当然でした。しかし現在ではお茶とクッキー程度の婚活パーティーなら3,000円以下で行っている業者もたくさんあります。その上、いろいろな割引やキャンペーンを行っており、早割などでは1,000円以上の値引きとなっている場合も。

婚活パーティーは自分の条件に合った人と会うのではなく、たくさんの参加者と出会い、そこから好きな人を探すことになります。最初から自分の理想を絞り込んでしまうと、出会う人の範囲が少なくなってしまいます。しかし実際に会ってみたら、ある程度の条件は妥協できるような好みの人に出会える可能性がたくさんあるのです。そのため婚活パーティーは条件より、まず会ってみることを重視した婚活法と言えます。もちろん婚活パーティーにもいろいろな条件が付いているタイプもあります。例えば男性の場合、年収が400万円以上、600万円以上、800万円以上、大学卒などの条件があるものや、仕事の種類として医者、弁護士、会社経営などと絞ったタイプも。このように今は費用、キャンペーン、条件など、わたしたち利用者が選べる時代なのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket